最近は飛行機での旅も価格帯がだいぶ安くなり、旅行がしやすくなっています。日本各地にはANAやJALなどいわゆる日系の航空会社が主です。これらの航空会社は地方でも便数が充実しており、利用にも便利です。
もしお近くにスターフライヤーやエアドゥーが就航しているのであれば、そういった航空会社を利用して旅行するのも良いでしょう。国内移動でもさらに安く済みます。
image1s
スターフライヤーですが、シニア割引が利きます。65歳以上の方であれば51%ほど割引がききます。LCCについてもシニア割引を実施していることがあることを知らない人はけっこういます。これは上手に活用したいところです。
スターフライヤーのシニア割引は全国一律の料金ではありません。そのため行き先によっても価格は変わります。例えば羽田と福岡路線なら1万7千程度でチケットを取ることができます。繁忙期でないと旅行できないといった人は2万円程度となります。

AIRDO(エアドゥー)についてもおすすめの会社です。国内移動に便利であり、こちらもシニア割引がききます。特徴としてはシニア60なら満60歳以上の人も対象となっており、割引がききます。当日割引だともっと安いです。
スカイマークならシニアメイトというものがあります。こちらは満60歳以上が対象です。満60歳以上ならシニアメイト1の利用を検討してみてください。
スカイマークについては1つ注意が必要です。民事再生法を利用しているため、インターネットで書かれている情報と異なる点があります。現在は路線縮小で運営しており、以前とはルートも異なっています。このようにLCCについてもシニア割引がきく場合もあります。

ようやく時間に余裕が出てきた時期なので、ノープランで旅行に出かけるのも良いかと思います。電車や飛行機でもリュックを背負って旅行するシニアが増えつつあります。今の時代、シニアも健康で元気なため旅行も積極的に出かけている様子が伺えます。
さらにパソコンを使える人も多いことから、宿の予約や空席の確認も迅速に行うことができる人も増えています。

旅行の計画を前もって立てたいなら、LCCを利用したり、エアドゥーやスターフライヤーの活用を考えてみるといいでしょう。なるべくなら繁忙期をはずすことをおすすめします。その方が料金も安いですし、混雑していません。
繁忙期はイベントをしていることも多いので、例えば前もって現地入りして1ヶ月など長期滞在するのも良いかと思います。

Comments are closed.

Post Navigation