65歳を過ぎたらシニア料金も適用になります。シニア料金を上手に利用してお得な旅を実現したいところです。シニア料金が適用になる乗り物の1つに飛行機であります。国内旅行も遠出なら飛行機を利用して移動したいところです。短時間移動が可能であり、とても便利です。
gea
国内は海外旅行よりも移動時が少ないですし、体への負担も少なくて済みます。移動時間が長いだけでも負担がかかるものです。国内であれば飛行機移動で1時間以内のところもありますし、長くても2時間半もあれば移動できます。(直行便の場合)このように比較的短時間移動が可能なため、週末旅行など短期旅行でもそこまで負担がかからず移動できます。国内旅行で便利な飛行機となるとJALは欠かせないフライトです。何度か乗った経験があるといった人も多いことでしょう。

シニアであればすでの会社をリタイアしている人も多いことでしょう。リタイアして時間に融通が利く人はGWや年末年始など飛行機のチケットが高騰する時期ははずして旅行するといいでしょう。これらの時期をはずしてJALを利用した場合、片道1万3千円程度で旅行できるチケットがあります。
例えば羽田から福岡への移動です。この場合、通常のチケット予約なら4万以上かかります。旅行の回数を増やすためにはいかにして安いチケットを探すかもポイントとなります。シニア割引を使っての旅行ですが、65歳以上ならぜひとも活用したいところです。

JALのシルバー割引で一押しなのが当日のみ満65歳以上が13300円からというチケットがあります。つまり当日なら割りきくわけです。前もって予約することができないのがネックですが、それでも問題ないといった人はこのチケットを狙いましょう。大抵空席の1つや2つはあると思います。ポイントは行楽シーズンを外すことです。現地の宿も当日予約だと安いものがたくさんあります。たまにはこんな思いつき旅行も良いものです。

自宅であらかじめ空席を調べることができないか?と思っている方もいることでしょう。そうした方は電話で問い合わせることも可能ですし、公式サイトから空席情報を探すこともできます。ポイントとしては朝と夕方をはぶいた時間帯が空席が出やすいです。
また忘れてはいけないものがあります。それは「身分証明書」です。身分証明書は必ず持っていきましょう。もし忘れたら、割引を受けることができません。
国内であれば温泉やお寺めぐりもおすすめです。秋や冬は温泉もピッタリなシーズンです。

Comments are closed.

Post Navigation